So-net無料ブログ作成
アニメ裏設定 ブログトップ
前の3件 | -

SLAM DUNKスラムダンクの都市伝説 [アニメ裏設定]

SLAM DUNK』(スラムダンク)は、井上雄彦による高校バスケットボールを題材にした少年漫画作品。またはそれを原作としたアニメ、ゲーム作品。『ドラゴンボール』、『幽☆遊☆白書』と共に90年代半ばのジャンプ黄金期を築き上げた作品である。

兄妹?

赤木剛憲と赤木晴子は兄妹である。
例え、全く似ていなかったり、中学が違っていても。

続作

作者は気が向けば描くと言っているらしい。

負ける

山王戦は湘北が負ける予定だったという噂。

スラムダンク2

スラムダンクのその後を描いた外国の作品らしい。許可は取ってないもよう。

怪我

桜木花道はリハビリが必要な大怪我を負ったが、作者いわく「どういった怪我かはわからない」らしい。



高身長

スラムダンクに登場する人物の平均身長が高すぎるのでは?といわれている。

煙草

三井寿は煙草を吸っていないらしい。

テーピング

「いいからテーピングだ!」というシーンをもじって「いいからドーピングだ!」というのが某サイトで流行ったことがある。

スポンサーリンク




遊戯王の都市伝説 [アニメ裏設定]

遊☆戯☆王』(ゆうぎおう)は、高橋和希による日本の漫画及び、それを原作としたテレビアニメ作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて1996年42号から2004年15号まで連載された。単行本は全38巻、文庫版全22巻。英語表記は「Yu-Gi-Oh!」。

元は

"闇の番人となって世の悪人たちを次々と過激な「闇のゲーム」で叩きのめし、最後には罰ゲームを与えていくというダークヒーロー的な要素を持った物語。"

高橋和希いわく、本作のコンセプトは「主人公が決して人を殴らないバトル漫画」。原作単行本1巻には、「身の回りの不思議をテーマとする」という記述もある。

身長

アニメ版だと武藤遊戯の人格が変わると身長も変わるらしい。

遊戯王MAD

MADは画像や音声を繋ぎ直し、別の作品を作成することである。
遊戯王MADとしては「ずっと俺のターン」が有名。

マジック&ウィザーズ

元ネタはマジック:ザ・ギャザリングといわれている。

カードタイトル

"2008年3月までは『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』だったが、『遊☆戯☆王5D's』の放送開始に伴い、タイトルが『遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム』に変更された[1]。2011年3月には『遊☆戯☆王ZEXAL』の放送開始に伴って2度目の改題が行われ、『遊☆戯☆王ゼアル(ZEXAL) オフィシャルカードゲーム』となった。"

本作は日本国外にも展開しており、2009年7月にはギネス・ワールド・レコーズに「世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」として認定された。
更に2011年6月14日には記録を自己更新し、販売枚数251億7000万枚を突破している。

レアカード

大会優勝品などは、オークションで100万円を超えることもあるらしい。

レアカードを当てる方法

*ご利用は自己責任で

スリーブ

"海外大会ではデッキの枚数分のスリーブが配布されることがあるのだが、欲張って融合デッキにモンスターを大量投入した日本人が《記憶破壊者》の餌食になる事態が多発した。"

開発チーム

ゲームの開発チームは2つあり、交互に作品を出しているという噂。

終わり

アニメは遊☆戯☆王5D'sで終わりという噂があった。

大混乱

"1999年8月26日に行われたイベントでは予想を大幅に上回る来場者の殺到とスタッフの不備で一方的に限定カードの販売が中止され、大混乱に陥る事件が起きた。"

偽造

海外の某会社が正規の販売権利を持っていたにもかかわらず、偽造カードを販売していたらしい。

スポンサーリンク




美味しんぼの都市伝説 [アニメ裏設定]

美味しんぼ』(おいしんぼ)は、原作:雁屋哲、作画:花咲アキラによる日本の漫画作品。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、1983年より連載中。

リアル美味しんぼ

と称したテレビ番組で朝日新聞と読売新聞が料理対決したことがある。

美味しんぼ 究極のメニュー三本勝負

"『美味しんぼ 究極のメニュー三本勝負』(おいしんぼ きゅうきょくのメニューさんぼんしょうぶ)は、1989年7月25日にシンセイ(新正工業)より発売されたファミリーコンピュータ用アドベンチャーゲーム。原作漫画『美味しんぼ』を題材にしている。"

ゲームオーバーとなる理由も「呪文を唱えて逮捕された」「アンコウを殴って腕が折れた」などシュールな内容が見られる。警官に尋問されるシーンで「じゅもん」を選んだときの山岡の「アンキモ、アンキモ、アンキモ!」の台詞、せっかく手に入れたアンコウを海に投げ捨てたときの「山岡は、突然世の中がイヤになってしまったようです」などの唐突なメッセージなどから、一般にクソゲーないしバカゲーの扱いを受けることが多い。

ネット配信をしていた

"1巻から60巻までの収録分はネット配信(有料)もされていたが、配信サイト「ライコスジャパン」が日本から撤退したため終了となった。"

親子喧嘩

"『ビッグコミックスピリッツ』2008年5月26日号にて、作者や関係者の話し合いにより連載開始から25年間続いた親子の確執を和解させ、物語を一区切りさせた。同時に長期休載状態になっていたが、2009年3月9日号にて連載を再開した。"

パロディ

・某釣りバカ漫画のキャラらしきものが登場するらしい。
・某不良警官が登場するらしい
・周大人の家の屏風には有名漫画家の名前などが書いてあるらしい。
・怪家イワシというタレント
・”てるお・はるお””ライト兄弟””ひとし・まさし”
・バー「馬鹿の巣」
・アウトローな鑑定士の藤田

Mac派

"59巻収録の「マルチメディアと食文化」でパソコンを取り上げた際に、Macintosh(Mac)派の山岡がMS-DOSとMS-Windows(当時はWindows95)を激しく罵倒するシーンがある。しかも罵倒されたWindowsユーザーも実はMacユーザーだったというのがオチであり、話を通じてMacを賞賛しWindowsをけなす内容になっている。"

物議を醸した記述

・放射線で鼻血
・ハチミツと半熟卵
・蛍烏賊(ホタルイカ)を生で食べる
・食品添加物
・遺伝子組み換え作物
・六ヶ所再処理工場
・木造建築
・醤油

流行語大賞

"作中に登場する「究極のメニュー」から、「究極」が「新語・流行語大賞」の1986年新語部門金賞を受賞した。"

人物

・料理研究家の岸朝子と料理人の道場六三郎が出ているらしい。
・第82・83代内閣総理大臣の橋本龍太郎が出ているらしい。

幻のフィギュア

原型は完成しているが未発売の、山岡と雄山のフィギュアがあるらしい。

テーマ曲

アニメとしては珍しく、テーマ曲が実写で放映されることがあったらしい。

ドラマ

ミスター味っ子の影響を受けている表現がみられるらしい。

声優

中の人が、山岡と栗田になりきって、実写で根付きのサバの回の芝居をしている番組があったらしい。

海外

海外の料理雑誌にとりあげられたり、有名店のシェフも読んでいたりするらしい。

スポンサーリンク




前の3件 | - アニメ裏設定 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。