So-net無料ブログ作成
検索選択
都市伝説 ブログトップ
前の3件 | -

「35年前火星で人間を見ました。何人も目撃している」NASAの元職員が証言! [都市伝説]

「35年前、私は火星で人間を見ました」と衝撃的な証言をしたのは「ジャッキー」と名乗るNASAの元女性職員である。NASAで火星探査機「ヴァイキング」から遠隔通信で地球に送られてくるデータの監視に従事していたジャッキー氏は、ヴァイキングから中継された画像に人間が写っていたのを目撃したという。

 人類未到の地と言われ現在でも火星上陸に向けて様々な研究が進む中、35年も前に人間がすでに上陸していたとすればその方法と目的はいったい何だったのであろうか。


■火星に人間が? 途切れた探査機からの中継

 かつてNASAで火星探査機「ヴァイキング」から遠隔通信で送信されてくるデータを管理していたというジャッキー氏は、米国のラジオ番組「Coast to Coast AM」に出演し、そこで35年前に火星から中継で送られてきた画像に2人の人間の姿を目撃したと語った。同氏によると写っていた人間は当時のNASAの宇宙服とは違い、化学防護服のようなものを着用していたという。

 またジャッキー氏以外にも6人もの職員がヴァイキングの中継に写っていた人間を目撃しているという。あまりの事態に驚きを隠せずに画面を見つめていると中継がいきなり途絶え、ジャッキー氏は部屋を出て上司にトラブル報告すると、先ほどまでいた部屋には鍵がかかっており、中に入ることができなくなっていたそうだ。そのため「火星にいた2人の人間がその後どうなったかは確認することができなかった」と語った。

 地球から遠く離れた火星に“人間”がいたのならばNASAに知られずどのように上陸したのだろうか? またなぜ中継が途切れた後、部屋に鍵がかかったのか。真実は謎に包まれたままである。


■「ペガサス計画」で火星に行っていた?

 しかしジャッキー氏が火星で人間を目撃した35年前よりもっと昔に「人類はテレポーテーションを利用して火星に行っていた」という驚くべき証言もある。そう告白したのは先日のトカナ掲載の記事でも紹介した弁護士“アンドリュー・バシアゴ氏”と、かの有名なアメリカ合衆国第34代大統領・アイゼンハワー大統領の孫娘である“ローラ・アイゼンハワー氏”である。2人はなんと米国CIA(中央情報局)とDARPA(国防高等研究計画局)の極秘プロジェクト「ペガサス計画」に参加し、テレポーテーションやタイムトラベルを経験した、という衝撃的なものだ。

人類はすでにCIA内部にある“ジャンプルーム”と呼ばれる部屋から火星にテレポートしており火星には地球人が暮らすための秘密基地も建設されているという。他にも時空を利用したタイムトラベル実験にも成功しており、実際にバシアゴ氏も過去や未来に行ったことがあると証言する。

 CIAは時空トラベル要員を育てるためまずCIAと繋がりのある10歳~19歳の男女10人を選抜し特別な訓練を行ったのだが、なんとその訓練生の中には若かりし頃のオバマ大統領もいたというのだ。

 これは1863年に撮影された「人民の人民による人民のための政治」で有名な「リンカーンのゲディスバーグ演説」を傍聴している群衆の写真である。写真中央にポツンと立っている少年、これが幼いころのバシアゴ氏であるというのだ。ポケットに手をいれ、長めの髪型の少年は周囲から多少浮いている感じがあるが、これこそバシアゴ氏が現代からタイムトラベルを利用してこの演説に立ち会った証拠だというのだ。


■35年前の人間とペガサス計画の関係

 35年前のジャッキー氏の目撃証言についてNASAはまだ何の発表もしていない。しかしジャッキー氏の目撃した“人間”がジャンプルームから火星に上陸していた時空トラベル要員だったとしたら、ジャッキー氏が目撃したのは若かりし日のオバマ大統領だった可能性もあるのかもしれない。

スポンサーリンク




「火星に惑星間空港がある」元NATO軍司令部軍曹が証言! [都市伝説]

「キュリオシティ」をはじめとするNASAの最新鋭の探査車によって刻々と明らかになる火星の地表の様子――。先日の、新型宇宙船「オリオン」試験機の打ち上げ成功でいよいよ有人火星探査プロジェクトの幕が切って落とされた今日、1970年代からUFO情報公開活動に携わり、元NATO軍司令部に在籍していたこともあるボブ・ディーン氏の言説に再び注目が集まっている。氏によれば火星には既に「空港」があるというのだ。


■火星の地表に惑星間空港がある

 ボブ・ディーン氏によるこの衝撃の発言は、遡ること2009年7月25日、スペイン・バルセロナで開催された講演会でのことだ。

「Exopolitics Summit(宇宙外交会議)」と呼ばれる講演会の壇上に上がったディーン氏は、大型スクリーンに火星の空港を撮影した写真を映し出し、「これは火星探査機『マリナー9号』から撮影された“空港”の写真だ。この施設はパーキング、管制棟、メインターミナルの3つに分かれている。(メインターミナルの大きさ、形から)想像するに、とても混雑した空港なんだろうね」と観衆の軽い笑いを誘った後、「この空港は自転を利用して離陸を容易にするために火星の赤道上にある。したがって単なる空港(火星内空港)ではなく惑星間空港である」と説明している。

 ディーン氏は、火星文明は一度滅んだという「火星文明滅亡説」とは違う立場にあるようで「この施設は廃墟ではないと思う」と述べているが「現在も使われているものなかどうかは分からない」とも言及している。

 この「惑星間空港」に続いて、ディーン氏はソ連の火星探査衛星「フォボス2」が撮影した火星の地表にある都市の写真も紹介している。シカゴほどの規模の都市で、この地表の施設の下に地下都市が広がっているということだ。火星にある施設の紹介はこの2つにとどめているが、ディーンの発言趣旨はもちろん、火星に文明があることを主張するものであり、さらに言えば既に人類は多くの地球外文明社会と接触していて、今も現実に交流があることを示唆しているのだ。

■異星人を知ることは人類の起源と未来を探求すること

 現在はUFO研究家として活動しているボブ・ディーン氏は1929年生まれで現在85歳。1948年、22歳の頃から米陸軍に所属し、主に情報分析任務を担当して28年間勤務している。軍人時代の1964年、NATO軍司令部に在籍していたときに最高機密情報「アセスメント(The Assessment)」と呼ばれるUFOの地球上での活動情報を収めたファイルを目にしたことを公言している。

 1976年に米陸軍を退役後は、米アリゾナ州にある政府機関「危機管理局」で危機管理責任者として14年間勤務。その間にUFOや地球外文明を広く世に啓蒙するための組織を作り上げ、UFO研究家としての活動もスタートさせている。数々のメディアや講演会に登場して自説を語ったり著書を執筆するなど、現在も幅広い活動を行なっているUFO研究の草分け的人物である。

「アセスメント」に基づく軍の研究、およびディーン氏の見解では、UFOと共に現れる地球外生命体には人類に対する敵意がないことを結論づけている。しかし、地球外生命体=異星人は様々な思惑をもって地球上に現れ、人類を監視、調査しているということだ。

「異星人を知ることは、同時に人類の起源と未来を探求することである」というテーマのもと、ディーン氏は20年間に及ぶ地球外文明の研究を続け、その甲斐あって異星人と話すこともできるようになり、彼らの宇宙船に乗せてもらったことがあることを、「SupremeMasterTV」のインタビューなどで話している。

 しかしながら、火星にあるこの「空港」や「地下都市」などの施設の詳細については残念ながらディーン氏にも不明であるという。極めて高い知性を持つこれら地球外文明の実態や考えを知るのは、人類にとってまだまだ認識力不足といえそうだ。ただ、ディーン氏は現在の火星にも知的生命体が多く居住しているだろうと述べている。

 火星にはやはり知的生命体が暮らす文明が存在しているということだろうか。「キュリオシティ」などの探査車がこれらの“施設”を発見する日は意外に近いのかもしれない……。リアル『インターステラ―』の時代も間近である。

スポンサーリンク




今、フリーメーソンが企んでいる“ある計画”とは? 米中間選挙でオバマ民主党大敗で [都市伝説]

11月初旬に行われたアメリカ中間選挙では、大方の下馬評で民主党の敗北が噂されており、「民主党がどれくらい負けるか」ということが焦点になっていたが、まったくその通りになってしまった。

 結果は、上下両院ともに民主党の惨敗。しかし、おかしなことにこの選挙が終わった後、「2年後の大統領選挙が民主党のヒラリー・クリントンになる可能性」について議論され始めたのである。

 つまり、今回民主党が大幅に議席を減らしたにもかかわらず、「次の大統領選はヒラリー・クリントンが最有力」という矛盾した政治評論が主流になっており、11月5日にはハフィントン・ポストが「民主党大敗、でもヒラリー氏には追い風?【アメリカ中間選挙】」(11月5日)という記事を配信している。

 この民主党の敗北と、「次の大統領選」の矛盾した議論。これは一体、何を示しているのであろうか?

 単純に考えれば、「アメリカ国民はオバマを嫌っているが、民主党を嫌ってはいない」ということになる。だとしたら、次の議会選挙までねじれ政治が続くということだ。

 そんなことをアメリカ国民が望むだろうか?

 それはちがう。「オバマ」を拒否したのは「アメリカ国民」ではなく「フリーメーソン」などの陰謀組織だったのだ。


■オバマを見限ったフリーメーソン


 フリーメーソンは元来「アメリカを中心に、世界を裏で操ることを考え、それを実行する基盤づくりを目指してきた集団」である。

 今回の選挙に関していえば、「オバマの決められない、結論を出さない政治」をフリーメーソンが見限り、アメリカ中心の政治を行うためには、新たなる人材が必要であるということを明確にした可能性が高く、それが今回の中間選挙に顕れた可能性が高い。

 こう考えてみるとわかりやすい。アメリカの「スポンサー」である「フリーメーソン」などの組織が、「将来性のないアメリカ」から「資金を引き揚げた」のだ。大手金融機関が、収益性が少なく、将来性もない会社への融資を中止し、事業の縮小・撤退を促すのと同じことだ。

 ではなぜ見限ったのか? 1つには、フリーメーソンは、中国の覇権主義に反対しているにもかかわらず、オバマ政権が中国との摩擦を避けていたということだ。

 これには、日本国内にいる「フリーメーソン」のメンバーも同じ意見である。彼らは、日本の資産を食い荒らしても何も思わぬ利己主義の中国の行動に対して、非常に大きな不満を持っているが、その抑止力としてまったく機能しないオバマ政権に対しても、まったく評価をしていないのである。

 一方、中国に対抗するため、ミャンマーの軍事政権を中国から引き離し、「ピボット政策」を掲げて、ミャンマー政権を一気に中国の抑止力的な存在に変えたヒラリー・クリントンを高く評価しているのだ。

 オバマ大統領は残り2年、フリーメーソンの資金をあてにして計画をしていた「医療保険制度改革」も「ヒスパニック政策」も何もできないだろう。議会での指導力だけでなく、資金力・陰謀団体からの支持も失ったオバマ大統領は残り2年間レームダック化することが避けられないと思われる。

 この2年間で指導的立場に立つのは、フリーメーソンに支持された勢力であり、それが今の陰謀的下馬評どおり、ヒラリー・クリントンなのか、あるいは共和党なのか? 今後の議会運営予算の編成で、その手腕が問われることになる。

 だが、彼らフリーメーソンの陰謀は、日本人が考えているよりも複雑で、わかりづらい。日本の素人陰謀論者は「結果が出ているものに関しての陰謀論」や「偶発的な事故に、後発で理由づけをした陰謀」を語りがちだが、プロの陰謀組織が最初から最後まで計画した陰謀は、当然「陰謀」だとわからないのである。今回の選挙もある陰謀の一部でしかなく、本当の陰謀が起きている時にはこの日のこの選挙のことなど誰もが忘れ去ってしまっていることだろう。しかし、巧妙な計画はこうした1つ1つのイベントの裏で行われているのだ。

スポンサーリンク




前の3件 | - 都市伝説 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。