So-net無料ブログ作成
検索選択
不思議な話 ブログトップ
前の3件 | -

 [不思議な話]

ほんのり怖い話スレに書き込もうかと思ったんだけども
オカでもなければ怖くもない話なんでこっちに スレ違いだったらごめん

小学生の頃、学校の帰り道で友達と別れた後に一人で歩いてたら
知らないおっさんに呼び止められ、見て見てーみたいな感じで
服をめくって腹を出して、おっさんがヘソに針を刺した

「もっと強く押しても平気だよ!」と、私の手を取って無理矢理針を押させた
「すごいでしょ?」「…は、はぁ…」
みたいな感じで、後は特に何事も無く別れた

1年後くらいに同じような状況で、ヘソにつまようじを刺すおっさん(別人)に出会った
流れは同じなので以下省略
当時、こういう人がよく出没してるのだろうかと、周りの友達やら大人やらに聞いたけど
特に情報は得られなかった

あれから20年ぐらい経った今でも、おっさん達の狙いが判らない

スポンサーリンク




リン!リリン! [不思議な話]

何処に書けばいいのか分からないけど、個人的にオカルトかつ不可解だったのでここに。

大学に入ったお兄ちゃんが部屋の中で何故か「リン!リリン!」と叫んでいる事があったんですよ。
壁越しに丸聞こえ。

初めは何だろう?ついに頭イッたかと思ったんだけど、その月に2~3回は響いてきたんですよ。
たまに何度も叫んでる時があって、何か変な宗教にでも
嵌ったのかと思って怖くなったので部屋にスネーク

そこにはベッドの上で枕に顔を埋め、尻を高く突き上げた状態になった兄の姿が

何してるんだ・・・と思った次の瞬間
「リン!リリン!」と言いながら盛大に尻を振り始めた!

思わず(゚д゚)ポカーンとしていたら、視線に気付いたらしいおにいちゃんと目が合う

超気まずい雰囲気になりながらも理由を聞いたら、ストレス発散らしい
お兄ちゃんの気持ちは一生理解できないと思った

スポンサーリンク




自殺衝動 [不思議な話]

気分的に不可解なのでこちらのスレに。
大学生のとき、失恋とか留年で悩んで、ストレス解消に毎晩のように
当てもなくドライブをしていた。
ある深夜のこと、山道を走っていてふと、
「こんな辺鄙なとこで死んだらきっと見つからないだろうな。いっそ死ぬか」という思いがよぎった。

そんな度胸はもともとありはしないんだが、なんとなく死ねば
悩みは解決するんじゃないかと考えた。
そしたら、いきなり車内に、
「そんなこと駄目だよ。わたしみたいだよ」
って若い女性の声が響きわたり、俺は心臓が停止するくらい驚いて、
うわわあああ!と一人で叫んだ。

冷静になって声の原因を探ろうと思ったら、消していたはずの
ラジオがオンになっていて、微かに女DJが喋ってる声が聞こえていた。

ようするに、たまたまラジオの音が響いただけだったんだが、
不思議なのは、ラジオがなぜついてしまったのかということと、
いきなり響いたその台詞だけ大音量で、ほかの音はかなり小さい音量だったこと。
偶然、だろうとはいえ、しばらくは車に乗るたびに怖くてしかたなかった。
15年前の話です。

スポンサーリンク




前の3件 | - 不思議な話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。