So-net無料ブログ作成
洒落にならない怖い話5 ブログトップ
前の3件 | -

本当の恐怖 [洒落にならない怖い話5]

夜な夜な家族が皆寝静まった頃に、足音が聞え始める
父のうなされる声も日に日に大きくなっていった
何かにとりつかれたように、「うわあぁあっああ!!」と突然大声を上げることもある
だが家族の誰もそんなことを気に止めはしない
皆疲弊しきっていたからだ

今日も夜になり、父はうなされていた
オレがレポートを中断し少し遅い就寝に付こうとしたところで
隣の部屋のドアが開きいつものように足音が聞え始める
足音は階段を下りていき止まった
台所あたりだろう
オレは意を決して下に降りることにした


436: 陸上選手(チベット自治区):2010/11/20(土) 13:39:02.86 ID:nfdKkJnY0
「お前いつまでこの生活続ける気だよっ・・・」
「・・・・・・・」
「・・・きいてるか?」
「・・・」
「お前さ、」と言ったところで
「うわtgbyhんjっ!!」という声とともに体当たりをされてオレは転んだ
上にのしかかられて殴りつけてくるやつを蹴り飛ばして応戦する
こんどはオレがやつを投げ飛ばし冷蔵庫に押しつけボコボコにする
寝ていた母が飛び起きてきた
母は何ごとかわめいていたがよくわからない
泣いていたようだった

そいつは声音も取れない唸り声を上げるとオレをふりほどき
転げるように流しの収納に向かうと包丁を取り出した
その後のことはよく覚えていない
ただただ、逃げた
何カ所か切られたようだが刺されてはいなかった

そして今日も夜な夜な足音が聞える
オレは卒業後の地方への就職を決意した

ほんとうに恐い話ってのはこういうことを言うんだよ

スポンサーリンク




訪問者 [洒落にならない怖い話5]

実家の俺の部屋は1階にあって庭に面してるんだが、部屋でくつろいでて
ふとなんとなくカーテンを捲り窓から庭を見た
そしたら知らない爺さんと幼稚園から小学校に上がるか上がらないかぐらいの
年齢の子供が手を繋いで丁度窓の前を通り玄関の方に向かって歩いて行くのが見えた

窓からの距離は1mも無いぐらいの近距離だが、二人は俺に気づいていないようだった
俺は訪問客だと思い玄関に行き呼び鈴が鳴るのを待った
でも部屋の前から玄関までたいして距離がある訳でも無いのにしばらく待っても鳴る気配がない

何だと思ってまた部屋に戻ってカーテンを捲ってみた
そしたら二人が手を繋ぎ窓の前すれすれに立ちこっちを見てた

スポンサーリンク




ウクライナ21 [洒落にならない怖い話5]

動画はいきなり森の中にゴミと一緒に横たわるおっさんを映しています。
すると少年の一人が黄色い工事道具のようなものでおっさんの顔面をフルスイングで4発くらい
打ちつけます。おっさんの顔は一瞬にして崩壊し陥没してしまいます。
例えるなら映画「アレックス」の冒頭の消火器のシーンです。

それでも生きており「う~う~」と唸るおっさん・・・。
もはや虫の息で何もできなくなっています。
少年は次にアイスピックを取り出しおっさんの腹をブスブス刺す。
見ているこっちが痛くなってくる・・・。

何十箇所も刺され完全に内臓はダメになってしまったでしょう。
そして少年はその腹を踏みつけます。
もう一人の少年もアイスピックを持っており、おっさんの陥没した顔にチクチク刺す。
腫れ上がり捲れた皮膚をアイスピックで突き回し眼球に刺します。

おっさんはあまりの痛さに手で顔を隠します。
ゲラゲラ大笑いの少年たち。
胸にアイスピックを刺します。
顔を潰され脳にも大きな損傷を負わされ、腹を刺され内臓をしたたか損傷させられ
胸までも刺されれば肺も損傷を負います。もうダメでしょう・・・。

最後に少年はハンマーを取り出し、おっさんの側頭部を思いっきり3発ほど打ちます。
そして死亡。
その時はまだ心停止にはなってなかったかもしれないが動画では確認できません。
でもこのおっさんは死亡しています。

そして少年は森を抜け水溜りで凶器を洗い、ペットボトルの水で手を洗い顔を洗い
笑いながらカメラ目線になって終わり。

スポンサーリンク




前の3件 | - 洒落にならない怖い話5 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。