So-net無料ブログ作成
検索選択
洒落にならない怖い話28 ブログトップ
前の3件 | -

文次郎釣場 [洒落にならない怖い話28]

明治初期のことである。

小さな漁村があった。
けっして豊かとは言えないが、よい漁場に恵まれ、
皆、それなりの暮らしができる村だった。

村には、文次郎という釣りのうまい若者が家族と住んでいて、
漁に出ると、いつもかごを魚でいっぱいにして帰ってきた。

ある日、文次郎は沖で、金色の魚を釣りあげた。
長く漁師として働いているが、見たこともない美しい魚だった。

このように美しい魚なのだから、味もさぞ格別なのだろう、と
さっそく、その魚をさばいてみたが、
その姿に似あわず、身はまずくて、とても食えたものではない。
家の者にもすすめてみたが、誰も気味悪がって口をつけようとしないので、
文次郎はしかたなく、身も骨も捨ててしまった。



32:本当にあった怖い名無し:2006/04/23(日) 06:08:07 ID:upHMlzme0
次の日ははげしい雨だった。

網を繕いにでた文次郎が、なかなか帰ってこないので、家族が心配していると、
戸を叩く音がして、文次郎が帰ってきた。

不思議なことに、あれほどの雨にもかかわらず、文次郎の着物は少しもぬれていない。

文次郎は、目もうつろで、家の者が声をかけても
何も聞こえぬふうであった。
心が遠くに行ってしまったようであった。
ただ口ばかりが動いていて、ぶつぶつと何やら言っている。

そのまま文次郎は寝込み、高い熱に苦しんだ。



34:本当にあった怖い名無し:2006/04/23(日) 06:08:42 ID:upHMlzme0
やがて、夜がふけたころ、文次郎は起きあがり、戸を開けてふらふらと外へ出て行った。
家の者があわてて追いかけたが、文次郎のすがたは、くらやみに溶けるように消えていった。

二日後、岩場に文次郎のなきがらがあった。
目はえぐられ、身体のいたるところがなにものかに食いちぎられ、
なんともむごたらしいありさまだった。

人々は「金の魚のたたりだろう」とおびえたという。

今でも、そこは文次郎釣場と呼ばれ、魚がよく釣れる場所である。

スポンサーリンク




北海道のヒグマ [洒落にならない怖い話28]

荒れてるのかな?
人がいなさそうな朝にこっそり投下。
まとめサイトでヒグマに関する怖い話読んでて思い出した。長文だけどごめん。
心霊系ではないんであしからず。

北海道という土地は昔から「ヒグマ」という問題を抱えている。
本州の人間からすればピンとこないんだろうが、
北海道の山を歩き回る時は熊鈴は必須、クマスプレーという武器(?)も重要なアイテム
ヒグマはカナダなど外国の方が大量に生息しているイメージがあるが、
実は世界中どこを探しても、北海道ほど密集してヒグマが生息している土地はない。
これはあまり知られていないが、データ上の事実。
この話は、そんな北海道でアウトドア系大学サークルに所属する俺が、
同期の友人に聞いたもの。


その夏、十勝山系を縦走していた登山パーティがあった。
パーティはA、B、C、D、Eの5人構成。AがリーダーでありBはサブリーダーであった。
ABCDは中級者であり、Eは今年山を登り始めた初級者。
パーティのうち何人かは、かつてヒグマと遭遇したものの怪我をすることもなく
やりすごしたこともあった。
以下は、Aが手帳につけていた日記からまとめられた内容である。



18:北海道のヒグマ:2006/04/23(日) 05:44:46 ID:oAZLv8WD0
山に入って一日目。
特に事故も無く、計画通り。みな景色を楽しみ、充実。

二日目。
すでに稜線上のルートを進んでいるが、昨晩の天気予報から今日の天候が思わしくないため、
その日は停滞を決定。予報の通り雨風が次第に強くなり、テント内で食事を作って
腹ごしらえをしつつ、トランプをしたり話をしたりと、楽しく時間をつぶす。
天気予報を聞いた後、明日は朝、小雨なら出発しようと決めた。
二日目は特に何事も無く終了。

三日目。
朝、一番早く起きたCが外の様子を確認にテントを出た。
帰ってきたCに様子を聞くと、
「少し霧が出てる。待ったほうがいいかも知れない」
テントの口から外に首を出すと、辺りは真っ白。出発を遅らせることにする。
朝食後、外に出るが霧が晴れる様子が無い。
メンバーは昨日停滞したこともあって出来るなら出発したい様子だが、
事故があってからでは遅い。話し合って今日も停滞することにした。
昼、霧がさらに濃くなる。
雨こそ降っていないが、霧の中歩き回るのは危険で、テントを出るものは無い。
夜、ちょっとしたアクシデント。
Eが何の間違いか、鍋をテントの外に出し放置。
夜の動物が活動するこの時間、食べ物の臭いを外にじかに出すのは危険だ。
しばらくしてから、動物の軽い足音がテントの回りを探るように歩いている。キツネだ。
テントから出て追い払う。先ほどの鍋のせいだろうか。
この辺りはヒグマが出る。
昼なら会ったことはあるが夜は危険だ。
三日目はこれで終了。



19:北海道のヒグマ:2006/04/23(日) 05:47:38 ID:oAZLv8WD0
四日目。
朝、外の様子を確認するが、2メートル先が見えず霧に包まれている。
本来の日程ではこの日になっても停滞するようなら計画を中止し、
別ルートで山を降りることになっているが、霧が濃く、行動することは危うい。
話し合うまでも無く、また停滞。午後、少しでも晴れそうなら下山することを考えたが、
霧はますます濃くなるばかりで、昼と言えど薄暗い。
トランプも飽きてきて、話題も尽きる。
夜、早めに明かりを落とし、就寝。
テントの内側が霧のためにしっとりと濡れ、テント内の強い湿気に不快感が激しい。



20:北海道のヒグマ:2006/04/23(日) 05:48:50 ID:oAZLv8WD0
数時間後に、異変。
最初にBが気づき、隣に寝ていた私を起こした。
「足音がする、さっきから。キツネじゃなさそうだ」
眠ってはいなかったのか、全員が上半身を起こして耳を澄ます。
重くゆっくりとした足音。じゃり。じゃり。
時折混ざる湿気のこもった鼻息。みな息を潜め、連想しているようだ。

ヒグマ、か。

テントの周りをぐるぐると足音が回る。どうやら、一頭。
激しい獣臭が鼻を突く。誰からともなくみなテントの中央に集まって、身を固める。
そのうち、クマがテントの布に鼻を押し付けては
激しく臭いを嗅ぐ、という行動を始める。
嗅いではテントの周りを巡り、また嗅ぐ。
みな、恐怖で声を殺し震えながら、身を寄せて動かない。
しばらくして、全員が身体を大きく振るわせた。
クマがどしん、どしんとテントに体当たりを始めたのだ。
テントの布が内側に大きくせり出して、クマの形を作る。
とにかくそれに触れないように身を縮める。
本気を出されでもしたらクマにとってはテントなど紙切れだ。
悲鳴を上げそうなのをこらえながら、テントの振動に耐える。
クマは五分ほど追突を繰り返した後、またしばらく円を描いて歩いた。
また、追突。歩く。
Eは泣いている。私も泣きそうだった。
明け方までそれが続いたあと、静かになった。
全員が少し眠る。



21:北海道のヒグマ:2006/04/23(日) 05:49:35 ID:oAZLv8WD0
五日目。
鳥の声で目が覚めるが、霧は晴れていないのだろう、薄暗い。
ヒグマの臭いは途絶えていない。
どこかで、もしくはテントのすぐ側で様子を窺っているのか。
みな、黙りこくっている。
沈黙が数時間。昼頃、足音が復活。
しばらく歩き回った後、また消える
夕方、Dが勇気を振り絞って、わずかにテントの口を開けて外の様子を窺う。
「霧が、少し晴れている」
わずかに太陽の光が届き、晴れる兆しが見えた。
すぐに降りるべきだ、と主張する側と、明日まで待つべきだという側に分かれた。
まだクマがすぐそこに居るかもしれないし、今から下山を開始すれば、
夜を休憩も出来ないような登山道の途中で迎えることになるのは明白だった。
完璧に霧が晴れたわけでもない。悪天候でしかも夜に慌てて行動するのは事故の元だ。
リーダーとして、下山を許すことは出来なかった。
恐怖の中、冷静な判断だったかは分からない。ともかくも、その日はそれで日が暮れた。
誰も会話をしない。恐怖からだけでなく、パーティの考えが対立したことに大きな原因があった。
その晩もクマは周囲を巡り、時折追突をしてきた。
誰も眠らない。



23:北海道のヒグマ:2006/04/23(日) 05:50:37 ID:oAZLv8WD0
六日目。
昨日の晴れる兆しが嘘のように、霧が濃い。
朝起きても、終始無言。クマを刺激しないよう、誰もものを食べない。
しかし今朝からは周囲は静か。臭いも薄らいだように思う。
数時間後、Cが、外に出る、と言い出す。
みな反対するが「様子を見るだけ、クマも今なら近くには居ない」
と言って、Cは許可を求める。
すぐに帰ってくるのを条件に、私はそれを許した。
Cが霧の中へ入っていった後Bは私を非難したが、そのうちに黙る。
しばらくして足音。Cの帰りを期待した私達はテントを開けようとしたがすぐに手を止めた。
獣の臭いがする。Dがか細い声で「Cは?」と言った。
獣の鼻息が昨日に増して荒い。すぐに追突が始まる。
私達は声にならない悲鳴を上げて身を寄せる。
しばらく周囲を巡ったのちクマは腰を落ち着かせたか、足音は消えるも臭いは相変わらず強い。
その日一日、クマの臭いが途切れることは無く、私達は動かなかった。
Cは帰ってこない。襲われたんだろうか。


---ここから少しずつ、日記の筆跡に乱れが見え始める。
漢字も平易、ひらがなが増えていく。



24:北海道のヒグマ:2006/04/23(日) 05:55:44 ID:oAZLv8WD0
七日目。
今日も、霧がこい。
はらごしらえか、クマの気配が消える。
しばらくの沈黙の後、Eが山をおりる、と言い出す。
寝不足から目が血走って、声はヒステリック。
説得をこころみるも、きかず、Eは「おりたら助けを呼んでくる、待ってろ」
と荷物を持って霧の中に消えた。
5人いたパーティはA、B、Dの3人になった。
クマのいないあいだにカロリーメイトなど栄養食を食べる
会話はなし。時間がすぎる。
昼頃、外を見るが、霧は晴れない。
日ぐれ頃、クマがやってくる。中央に固まって、クマのしょうとつに耐える。
湿気がはげしく汗がでるが、みな震えて、なんとか声は出さずにいる。
Eは下山できただろうか。


八日目。
霧ははれない。
朝になるとクマの気配は消えていた。
だれも「下山しよう」とはいいださない。
たまっていた日記を書いて気をまぎらわす。この日記を持ってぶじにかえりたい。
14時ごろ、Bが狂った。
はじめに笑い出して、かんだかく叫んだあと
笑いながら何ももたずにテントをとびだしていった。
きりの中に彼を見送って、しばらく笑い声をきいていたが
それもそのうち小さくなった。Dがしずかにゆっくりとテントの口をしめ、
「いったな」
と、久しぶりにDの声をきいた。
そのよるもクマが来た。
私たちは二人だき合ってよるが明けるのをまった。



25:北海道のヒグマ:2006/04/23(日) 05:58:16 ID:oAZLv8WD0
九日目。
今日も、きりがこい。
クマはしばらく近くにいるようだったが、ひるごろどこかへいった。
中央でかたまったまま、すこし眠る。ひどくしずかだ。
夕方、クマのあしおとでおきる。
ついとつされると泣きさけびたくなるが、どうにかたえる。
かえりたい。
クマはなぜ、おそってこないのだろう。

十日目。
きょうもきりがこい
ごご、Dがたちあがってしずかにでていった
とめなかった
きりがはれない
クマはよるおそくにきた。きがくるいそうだ

十一日目。

きょうも    きりが  
  こい

  くまは いる



十二日目。 

 今日も霧が濃い。



26:北海道のヒグマ:2006/04/23(日) 06:01:15 ID:oAZLv8WD0
思いのほか、長くなった。すまない。
このパーティの登山届は、事前に警察に提出されていたため、異常事態は発覚していた。
しかしまれに見る悪天候に、ふもとの警察は捜索をしあぐねていた。
天候が復活し発見されたのは、無人のテントと荒らされた荷物。日記。
最初に出て行ったCはテントから50メートルほどのところで遺体で発見された。
喉の傷が致命傷となり即死。
次に出て行ったEは、登山道の途中、崖から滑落。遺体で発見。
Bは一キロほど離れた場所で無残に食い散らされていた。
Dはルート途中の崖下から遺体で発見。
Aは行方不明である。


以上が、俺が友人から聞いた話。
これは、北海道で山を登る人たちの間で一時期流行った都市伝説なのだそうだが、
実際にクマに襲われ壊滅したパーティはあったようだ、とも友人は言った。
その人たちは、ほぼ素人。登山届けも提出せず、発見も遅れた。
現場の状態から、どうやらクマに荷物を奪われたところを、
取り返しに向かい返り討ち?にあったらしい。

北海道のフィールドを歩く皆さん、どうか、クマにはご注意を。




29:本当にあった怖い名無し:2006/04/23(日) 06:05:19 ID:Idyh9ZaXO
クマ話乙
こええな…朝っぱらから刺激強すぎ

スポンサーリンク




林檎 [洒落にならない怖い話28]

おはようございます。
大学の頃体験した話。

当時俺は滋賀に一人暮らしをしていた。
お金もないのに、土日は朝から競馬場へ通い、、そんな週末を送っていた。
夏の土曜日。
いつものように朝から競馬場へ向かい、夕方家に帰ってきた。
心体ともにつかれきった俺は東スポを入れたかばんをほうりなげ寝た。

その日の23時頃。
事件は起こった。



12:本当にあった怖い名無し:2006/04/23(日) 05:34:36 ID:vL2Gyo370
「ピンポーン」
チャイムの音で俺はおきた。
ダチがくる予定はない。誰だ?
まあ居留守を決め込もうと思い、無視した。
「ピンポーン」
また鳴った。うるせえ。
誰や?そう思い、インターフォンにでることにしたが、
それが間違いだった。
出た瞬間、俺は動揺せずにはいられなかった。
小さな声で意味不明の言葉が聞こえてきた。。
ワックビィワックビィ・・ワックビィ・・・・・・
なにいってんだ?と最初は冷静だったが、
その小声を聞いてるいるうちにいきなり恐怖が襲ってき、
うっわこわッ
と思った俺は、思わずインターフォンを手から離した。
インターフォンが宙に浮いてぶらぶらし、そこから
ワックビィワックビィ・・・
とさっきより大きな声で聞こえてくる。
うわなんだこれっつ



14:本当にあった怖い名無し:2006/04/23(日) 05:38:30 ID:vL2Gyo370
とおもった瞬間、ドアノブがガチャガチャ鳴り出した。
ドアノブのがちゃがちゃなんか漫画やドラマの中だけの
話かと思っていた俺は、うわああなんだこれと思いつつ
混乱状態に陥っていた。しかし、
意味不明のワックビィとがちゃがちゃの音は止まらない。
そのとき俺の何かが切れた。
なんで俺がこんな目にあわなければ、ゆるせねえと
思い、玄関ののぞき穴から外をのぞいた。。。
人が立っていた。幽霊ではなかった。と思う。
1m30cmくらいのおっさんがじっとこっちを見ている。
俺はもうさっきの逆切れ状態から一気に、2度と味わいたくない
現実の世界に引き戻された。
うああぁ
声にはでなかったが、すぐに部屋のすみっこにいき、ガクブルしていた。
その後のことは覚えていない。たぶん寝てしまったのだろう。



15:本当にあった怖い名無し:2006/04/23(日) 05:40:13 ID:vL2Gyo370
翌朝。
とても天気のよい日だった。
意味不明のワックビィとドアノブのガチャガチャはおさまっていた。
しかし、逆にそれが昨日の恐怖を引き立てているようで・・・
まだ外で待ち伏せしているんじゃないか
そう思い外に出るのが怖かった。

「ピンポーン」
チャイムが鳴った。
俺はそれでもさすがにもういないだろうとおもい、チェーンをつけたままドアをあけた。
親友のSがいた。
そうだった。今日は一緒に出かける約束をしていたのだった。
俺は落ち着き払って、チェーンをはずしSを入れようとした。
そのときだった。友人が「これ・・・」といってあるものを手渡してきた。
あるものとは林檎だった。玄関においてあったらしい。
なぜ林檎と思ったが、意味不明なこと連発で体が震えだした。

以上が俺が体験したまぢこわかった出来事。

おれはその後この事件を冷静に考えてみた。
滋賀県には工場が多い。(と思う。)そして、そこに勤める外国人が多い。
そして俺のマンションの横にはM社の寮があった。。




17:本当にあった怖い名無し:2006/04/23(日) 05:43:57 ID:c9ratkYXO
>>15
外人が?でも何故りんごをw?
でも怖いね。乙でした。

スポンサーリンク




前の3件 | - 洒落にならない怖い話28 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。