So-net無料ブログ作成
洒落にならない怖い話35 ブログトップ
前の3件 | -

ハナちゃん [洒落にならない怖い話35]

5年前の話です。
我が家は庭に建て増しをして家を広くしました。
うちは祖母、両親、兄、妹、私と大人数だったので
部屋が増えてうれしかったのですが、それから我が家は
めちゃくちゃになりました。

父はお酒をほとんど呑まない人でしたが、理由もないのに
酒量が増え、暴力はふるわなかったものの大声でどなるように
なりました。兄はそんな父がいやで、就職が決まっていたので
会社の寮に入って家を出て行きました。
続いて祖母、妹が家で事故死しました。妹の遺体を見つけた
のは母で、突然のことで辛かったせいか変な拝み屋のところに通い
つめるようになり、家事をほとんどしなくなりました。
家が広くなってから3ヶ月でこれだけのことが起きました。



428:本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 15:56:21 ID:mCldIhro0
私はというとずっと夢だ、幻覚症状だと自分に言い聞かせて
ごまかしていたことがありました。家を広くしてから知らない
3人家族を家のあちこちで見るようになったのです。
最初に見たのは庭ででした。
父親らしき男、母親らしき女、子供らしき男の子。格好は
古い感じで3人で記念写真のように立っていて、口だけが
にやにやと笑っていて、ばかにされてるような感じでした。
いつも私が気づくと2、3秒経ってから消えます。

そんな中、野良猫が庭に迷い込んできました。うちは動物を
飼ったことがなかったのですが、私が学校に行く時と帰ってくる時、
必ず玄関にいて待っているその猫がかわいくてしょうがなくなり、
父と母の機嫌のいい時に説得し、うちで飼うことにしました。
鼻のところにほくろのような模様があったので「ハナちゃん」と
名づけ、ハナちゃんの存在は安らげない家の中で唯一の慰めでした。
ハナちゃんが一緒にいる時は、なぜかあの家族を見ることもありません
でした。



429:本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 15:56:59 ID:mCldIhro0
2ヶ月くらい経った頃、ハナちゃんは急に死にました。朝いつも1番に
起きるハナちゃんが起きてこないので、部屋を探すとハナちゃんは
冷たくなっていました。獣医さんは心臓麻痺かな、と言ってました。
私はここ3ヶ月に起きたこと、心の拠り所だったハナちゃんがいなく
なってしまったことで精神のバランスをくずしたのか、全てが
どうでもよくなり感情を表に出すことなく、毎日を過ごすようになりました。

ある夜、ふっと目を開けるとあの3人家族がベッドの脇に立って
私を見下ろしてました。にやにやと笑っていました。
今考えると恐ろしいのですが、その時はもう、勝手にしてよ・・・と
思っていました。その次の瞬間でした。
ものすごい剣幕で怒っている猫の大きな顔が浮かび上がり、父親らしき
男に噛みつきました。家族は驚愕の表情で消えました。私もこの時は
ほんとうに恐ろしかったのですが、穏やかに変わった猫の顔を見た瞬間
「ハナちゃん!!」と叫びました。鼻の横の模様がはっきり見えたのです。



430:本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 15:57:40 ID:mCldIhro0
朝起きると珍しく母が先に起きていました。寝ていたら布団の上から
猫の足のような感触でつつかれ、起きてしまったのだそうです。
私は抑えていた感情が一気にあふれ、大泣きしました。母と起きてきた父を
前にして、酒を呑んでどなるのは止めて、拝み屋に行くのも止めて、
こんなんじゃおばあちゃんと妹があの世にいけない、とにかく泣き叫び
ました。さすがに両親もわかってくれたらしく、父は家のお酒を全部
捨てて病院に通い、母は拝み屋に行かなくなり家事をするようになりました。

そんな時、兄から連絡がありました。子猫を飼ってくれないかというのです。
寮に住み着いた猫がいて、毎晩駅からの帰り道の途中で自分を待っている、
かわいくてほっておけない、自分は寮だから面倒みてくれないか、という
話でした。ハナちゃんには申しわけなかったですが、うちで飼うことに
しました。



431:本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 15:58:58 ID:mCldIhro0
学校から帰った夕方、1人で家にいた時です。台所でテレビを見ていると
寝ていた子猫が急に起きて廊下に飛び出ていきました。同時に廊下で
バタバタバタ!と玄関に向かって走る音が聞こえました。驚いて
廊下に出ると、子猫が毛を逆立てて玄関に向かって怒っていました。
近づくと「フィギャアアア!!」と猫の怒鳴り声と「うわあーっ!!」
と男の声が響きました。猫の声は子猫のものではありませんでした。

あの家族を見ることは全くなくなりました。
兄は猫が気になるらしくよく家に帰ってくるようになりました。
父も母もおかしなところはなくなり、家族で1ヶ月に1度は祖母と妹のお墓参りに
行きます。我が家では猫はうちの守り神、と思うようになったせいか、
今は7匹の猫がいます。子猫も大きくなりボスとして健在です。




433:本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 16:01:26 ID:Mg+VKUzU0
ハナちゃんGJ (つД`)・゚・

スポンサーリンク




タグ:ハナちゃん

夏の風物詩 [洒落にならない怖い話35]

僕が以前住んでいたアパートの話なんですが、僕が引っ越す
きっかけとなった出来事です。
僕のアパートは山の中のかなり古い二階建てのアパートでした。
もちろんトイレは共同で、風呂なんか付いてません。
僕の部屋は二階の一番奥の角部屋でした。
窓からの眺めも悪く、っていうか外は森みたいな雑木林で、
昼間でも日当たりは悪かったです。
僕の部屋は大学から近くて、よく溜まり場みたいな感じになっていました。

その日も普通にサークルの友達が来ててゲームとか麻雀してたんですが、
夜遅くなってしまい友人A(男)とB子(女)とC子(女)は、僕の部屋に泊まることになったんです。
まぁ次の日は休みだしいいかなと。そのまま大体2時くらいまで麻雀とかしてましたが、
ちょっと飽きてきたのかB子が「肝試しでも行く?」と言ってきました。
僕もオカ板来るくらいのオカルト好きなので即おk。
Aも乗ってきて、残りはC子なんですが、
彼女はいわゆる天然キャラで「私霊感あるからあんまり行きたくない」と、
あんまり乗り気じゃなかった。結局、夏の風物詩ってことで半ば強制的に連れてく事にしました。



390:387:2005/10/27(木) 13:30:45 ID:Sl4d6efh0
肝試しの場所は僕のアパートの裏、森の入り口って感じの獣道があり、
その奥はどうなってるのか行ってみる事にした。
興味はあっても全員びびりなので4人で一緒に行くことにした。
ライトは一つしかなく、先頭の僕がライトを持ち僕の肩に捕まるように、

←僕・B子・A・C子

てな感じで前の人の肩を持って獣道を歩いていました。
実はこの森、僕のアパートと逆の方から行くと頂上には古い神社があります。
皆はこの事を知らなくて、「森を歩いてたらいきなり神社に着いたら驚くかな」と思い、
僕はあえて皆には言いませんでした。
夜行くと獣道ってものすごく分かりずらくて、何回も道を見失いそうになったが
僕はさりげなく皆を神社方面に誘導しました。
僕のアパートから神社までそう遠くはなく、多分歩いて10分くらいだと思う。
もうすぐ頂上に着くかなと思い、僕はみんなの驚く顔を楽しみにしました。



391:387:2005/10/27(木) 13:31:19 ID:Sl4d6efh0
「ストップ!ちょっと待って!」いきなりAは叫びました。
みんなサッと後ろを振り向き、「えっ?なに!?」
A 「C子がいないんだけど!」
僕 「はぁ?おまえの肩持ってたんじゃないの?」
A 「(C子が)手ぇ離したと思って後ろ向いたらいねーんだよ!」
B子「えっ!?それってマジやばくない!?」

僕たちはC子の名前を呼びながら森から出ることにしました。
森の中でC子は見つかりませんでした。

僕たちはアパートの前まで戻り、かなり焦りながらどうするか決めました。
結局、僕とAがもう一度山に入り、B子は僕の部屋で待機という感じになった。
僕とAは再び森の入り口に来て、いざっ・・て時にAの携帯が鳴りました。



392:387:2005/10/27(木) 13:31:56 ID:Sl4d6efh0
B子です。C子が僕の部屋の前にうずくまってるとの事。
僕とAは胸を撫で下ろし、アパートに戻りました。
部屋の前でC子が泣いていて、それをB子が慰めていた。
とりあえず部屋の鍵を開け、C子が泣き止むのを待ちました。
C子は「ごめんね、ごめんね」と呟きながら部屋の隅でうずくまっていた。
10分程してやっとC子は泣き止みました。
「なぁ、途中で帰るのはいいけど、せめて何か言ってくれよ」
Aは少しイラついた様子でC子に言った。
C子「ごめん・・・、ヒック・・・でも私ちゃんと戻るって、言ったよ・・・」
A 「聞こえなかったら意味ないでしょ」
C子「私・・・大きい声で・・・言ったのに・・・、それに」
C子「私、森には入ってないよ・・・」

僕達は背筋がゾッとしました。
A 「・・・はっ、何言ってるの・・・?オレの肩ずっと持ってたじゃん!!」
C子「森に入る前・・・に嫌な感じがして・・・それで入るのやめたの・・・」
B子「ちょっと、もうやめてよ!!」
B子が突然きれて会話は途切れました。
気まずい雰囲気が続き、結局そのまま寝て、次の日みんなは帰宅しました。



393:387:2005/10/27(木) 13:33:06 ID:Sl4d6efh0
その日、Aから電話が来ました。もちろん昨日の事に関してです。
A「なぁ(僕の名)、昨日の事どう思う?」
僕「さぁな?一瞬びびったけど、どうせどっちか嘘ついてんだろ?」
A「いや、オレは嘘ついてねえよ」
確かにAは意味の無い嘘はつかないやつだった。
A「・・・・、あのな・・・オレ森の中で一度だけ後ろを見たんだ」
 「・・・その時C子は確かにいた。けどな・・・」
 「その時、C子がニタァって笑ったんだ・・・。」
 「・・・目とかつり上がってるように見えた・・・まるで狐に憑かれてるみたいに・・・」

その古い神社には狐をまつっている、いわゆる稲荷神社でした。終わり

スポンサーリンク




タグ:夏の風物詩

一人での残業に注意 [洒落にならない怖い話35]

5年位前に体験した話をします。怖くなかったらごめんなさい

当時転職した会社でそこそこ仕事にもなれた頃の話しです。
小さい会社で事務の仕事をしてました。
その日、明日必要な書類作成の為残業してました。
事務は私一人しかおらず、いつもは社長も残ってくれるのですが
その日は他の用事で不在でした。

途中彼からメールが来たのですが、今日は残業だからと返信して
仕事を続行してました。
時間はそんなに遅くはなかったと記憶してます
そろそろ終わりそうといった所でコーヒーでも飲もうかと立ち上がった時
ドアがコツン コツンと小さく鳴りました
ドキっとしましたが、気のせいかな~疲れてるしと気にせず
自販機は事務所の外にありましたのでドアの方へ向かいました。
ドアの前に来た時今度は大きく ドン ドン ドン
ところが外には誰もいないのです その事務所にはモニターがありますが
何も映ってなかったのです
続きます



313:本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 22:48:01 ID:Vht1YSzs0
もう怖くて仕方なくなり、デスクに戻りあわてて彼に電話しました。
その時急に停電というか真っ暗になりました。
もう恐怖の局地に達してしまい、兎に角逃げようとした時
立てないのです 下を見るとデスクの下で女の人が私の両足首を
つかんでいるのです

状況わかりますか?グレーのよくある事務デスクで下半分が開いてるタイプ
なんですが、その女の人は寝そべる形で私の足首をつかみ
ただただ無表情にこちらを見ていました。
私はあまりの恐怖に気を失ってしまいました。
どれ位たった事でしょうか ドン ドン ドン とドアを叩く音と私を呼ぶ
聞き覚えのある声で意識を取り戻しました。
電話の様子がおかしかったので心配した彼が来てくれたようです。

それ以来恐怖体験はありません。これが一番怖かった体験です。
文章能力がなく、読みづらくてすみませんでした。




314:本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 22:58:49 ID:fWnOnDHF0
>>313
こういう日常に急に入り込んでくる恐怖体験が共感できて怖いな



315:本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木) 00:05:26 ID:SYfRii5p0
>>313
怖ぇ
音、誰もいない、突然停電、掴まれる
恐怖のフルコースじゃねーか

スポンサーリンク




前の3件 | - 洒落にならない怖い話35 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。